ウェブマスターツールの検索クエリが実数になり機能充実!!

wmt_querygraphimg

ウェブマスターツールで、私が欠かさずチェックしている項目のひとつ「検索クエリ」が今までの概算データではなく実数のデータになりました。

ウェブマスターツールの検索クエリ

検索クエリは、ウェブマスターツールにログイン後、複数サイト管理されている場合は対象のサイトをクリックして、検索トラフィック > 検索クエリ とクリックしていけば表示されます。
このブログのグラフはコレ↓です。

wmt_querygraph

数値が少ないとのツッコミは無しよっと (> <;) 真ん中あたりで「更新」と書かれてますよね。 ここで概算データが実数のデータに更新された模様。 SSL検索による影響で、Googleアナリティクス(アクセス解析)の検索キーワードの項目で「not provided」がどんどん広がってゆき、キーワードの解析がドンドンやりにくくなっている状況下では、とても助かりますよね。 この検索クエリのデータはダウンロードすることも可能ですので、エクセルなどでグラフ化して解析することもできます。 その方法は以下のブログが丁寧に解説されてます。

クリック数をグラフ化!Googleウェブマスターツールの改善データの活用方法|SEOマニア:平成のねずみ小僧
http://seomania.i-nav.info/2014/01/click-graph.html

検索クエリとは

ちなみに…
検索クエリとは、皆さんが検索行為を行う時に入力する語句をさします。一単語だったり複数語句だったりいろいろですよね。
この検索される語句が何で何回表示されたか、そして何回クリックされたかがグラフになっているのがウェブマスターツールの検索クエリの項目です。
さらに検索時におおよその順位まで表示してくれています。

ウェブマスターツールでサイトの状況をチェックしよう

これまで何度か、ウェブマスターツールについて、その機能を紹介する解説動画を紹介したり、手動ペナルティが適用されているか確認できるようになったこと、検索クエリの期間が延びたことを紹介してきました。
さらに今回、検索クエリが実数となり、自社サイト・ブログの状況があらゆる角度から見れるようになってきています。

こうなってくると、日に一度は必ず目を通すべきなのはウェブマスターツールの各項目ではないかと思んですよね。
もちろんアクセス状況を日々把握するのはとても大事ですが、それ以前に自社サイト・ブログの健康状況をチェックすることが、まずは第一なんじゃないかなと感じます。(できればアクセス解析も毎日見ましょうw)

意外とウェブマスターツールって、使ってる人少ないんですよね。
設定してはいるものの、全く見ていないとかね。

是非、この機会にウェブマスターツールを使ってみませんか!?
サイト・ブログの状況が手軽に把握できるので、日々ウェブマスターツールの情報チラ見していきましょう〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です