Google ウェブマスターツールを活用されてますか?

webmastertoolimg

Googleが無料で提供しているホームページ運営に書かせないツールがウェブマスターツールです。
恐らく、多くの方がすでにウェブマスターツールを利用されていると思いますが、まだ使用されていない方は、この機会に利用するようにしてください。
便利ですから!

ウェブマスターツールとは何か?

先にも書きましたが、Googleが無料提供してくれているサイト運営に役立つツールです。
あなたのサイト内のページをGoogleに伝えることができたり、それぞれのページやホームページ自体がどのようにGoogleからきちんと評価されているか、どのページでエラーが出ているか、マルウェア(悪意のあるソフトウェア、ウイルスなど)に感染されているかどうか等が確認できます。
また、どこからリンクがはられているか、どんなキーワードで検索されているか等のホームページ外の情報も確認することが出来ます。
さらに、もっと機能があり、さらにさらに自社サイトを知るための、Googleに情報を伝えるためのツールが備わっています。

ウェブマスターツール解説動画

つい最近、新たにウェブマスターツールを使われる人向けに、Googleが解説している動画がYoutubeにアップされてますので、まだ利用されていない人は、一度ご確認ください。

全ての機能についての解説はされていませんが、どんなことができるのかということを中心に、重要な項目をいくつかピックアップして説明されています。
ちょっと残念なのは、動画の中で解説されている方が専門用語を頻繁に使用されていて、新たに使い始めようとする人にとっては難しいかもしれません。

ウェブマスターツールの登録方法

ウェブマスターツールは無料ですので、どなたでも使用できます。
ただ、導入にはいくつかの作業が必要です。

登録だけはGoogleアカウントをお持ちなら簡単にできちゃいます。
ただ、サイトの所有者を確認する作業が必要で、その作業がソフトの有無 or ちょっとした知識が必要で、少し難易度が高いかもしれません。

webmastertool1

ウェブマスター ツール – Google
http://www.google.com/webmasters/tools/?hl=ja‎‎

にアクセスして頂いて、サイトの追加を行いURLなどを入力していけば登録だけは完了です。
詳しい作業手順は、以下のブログ記事がとても丁寧に書かれていますので、参考にしてみてください。

ウェブマスターツールの登録と導入方法を画像入りでわかりやすく解説します
http://whitehatseo.jp/google-webmaster-toolsの登録と導入方法/

上の記事にも書かれていますが、サイトの所有者を確認する作業ではいくつかの方法が提供されています。

・FTPというソフトを使い、サーバにアクセスしてデータをアップロードし認証させる方法
・Google Analytics(アクセス解析)を利用されていれば、それを使って認証させる方法。
・ドメインのDNS設定で認証させる方法。

上記ブログでは、3つ全ての方法が解説されていますので、やれそうな方は記事を参考にチャレンジしてみてください。
もし、どうしても自身で作業が無理な場合は、ちょっぴり作業費用を頂戴しますが、弊社で作業させて頂くことも可能です。ご相談ください

まとめ

導入には難易度がちょっと高いですが、導入してしまえばホームページのいろんな情報が表示され、貴重なデータが常に閲覧できるようになります。メリットが大きいので是非、導入し日々状況をチェックして、効率の良いサイト運営を行いましょう〜!

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">