Googleウェブマスターツールで手動ペナルティが適用されているか確認できるようになった!

manualaction_toolimg

Googleウェブマスターツールに新たな項目「手動による対策」が追加されました。
第一報は数日前なので、ご存知の方も多いと思いますが、この項目はGoogleによって対象となるホームページに手動ペナルティが科せられているかどうかがわかるというものです。

8月9日にGoogleウェブマスター向け公式ブログで発表されてますね。

Google ウェブマスター向け公式ブログ: ウェブマスター ツールでの手動によるウェブスパム対策の表示
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2013/08/manual-actions-viewer.html

手動による対策を使ってみる

早速、ウェブマスターツールの「手動による対策」で、このブログにペナルティが発動されているかをチェックしてみました。

手順

1. ウェブマスターツールにログイン
2. 左のメニューで「検索トラフィック > 手動による対策」にアクセス

だけで、手動ペナルティが発動されているかチェックできます。
こんな感じです。

manualaction_tool

「手動によるウェブスパム対策は見つかりませんでした。」ということでした!
ま、良かったです〜!

公式ブログによると、

「手動によるウェブスパム対策は見つかりませんでした。」というメッセージが表示された場合、そのサイトにはウェブスパムであることを理由にした、検索結果からの削除など手動による対策は実施されておらず、ランキングへの直接の影響もありません。

ということだそうです。
まあ、普通の状態ってことですよね。

では、なんらか警告が出た時はどうなるんでしょうか?

手動による対策の警告

2種類の対応(←と書かれてました)が表示され、それぞれにどのようなことでペナルティが科せられているのかが表示されるようです。

[サイト全体の一致] セクションには、サイト全体に影響のある対策が掲載されます。
[部分一致] セクションには、サイトの個々の URL やセクションに影響のある対策が掲載されます。

表示される内容は、以下の通りです。

理由: Google がその対策を取った理由です。
対象: 手動による各対策の影響を受ける、サイトの対象部分です。手動による対策の影響を受ける URL やセクションが 1,000 か所を超える場合、最初に見つかった 1,000 件のみが表示されます。

さらに、手動による対策は以下の10項目だそうです。

・サイトへの不自然なリンク – リンクへの影響
・サイトへの不自然なリンク
・サイトからの不自然なリンク
・ハッキングされたサイト
・価値のない質の低いコンテンツ
・悪質なスパム
・ユーザー生成スパム
・クローキング/不正なリダイレクト
・隠しテキスト/キーワードの乱用
・スパム行為のある無料ホスト

手動による対策 – ウェブマスター ツール ヘルプ
https://support.google.com/webmasters/answer/2604824

それぞれの対策のコメントから、「詳細」と書かれたリンクがあり、そこをクリックするとさらに詳しくGoogleがどのようなペナルティを実施しているのかが解説されているページに移動できます。
また、そこにはあのマットカッツ氏が動画(日本語字幕あり)で解説してくれています。

さらに、理由の部分にはペナルティが科せられた対象行為を取り除いた後に行う「再審査をリクエスト」するボタンも設置されています。

今回のこのツール、Googleには珍しい親切な対応だことw
ここまで親切なことは今まで無かったんじゃないですか!?(笑)

まとめ

ホームページを運営されておられる方なら、すでに使っておられると思いますが、Googleウェブマスターツールは本当に便利で役立つ機能が多いです。

私の場合、ハッキングと間違えてGoogleのbotをブロックしてしまった経緯がありw、その際にfetch as Googleを使ったり、エラーが出ていると箇所をチェックしたりと、インデックスされている状況を確認したり、検索クエリをチェックしたりと、日々ログインしていろいろ使っています。これらの項目を毎日チラッと見ておくだけでもホームページの状況が確認できるんですよね。
無料で使えるホームページ診断ツールとしてはもはや最強で運営には欠かせないです!!

もし、ウェブマスターツールを使っていない!という方がおられるようでしたら、ウェブマスターツールを活用するための動画を紹介したり、登録の方法を以前の記事で書いてますので、よろしければご覧になってください。

どんどん機能が高まっているGoogleウェブマスターツールの話でした!