WordPressプラグイン WP-Banで不正アクセスをブロックしよう!

wpban_img

先日からのGooglebotをBanした経緯から考えると、ほぼ自虐ネタに近いかもしれませんが、あえてWordpressプラグインのWP-Banを紹介します。
プラグインとして、高機能なんですよ!

WordPressプラグイン WP-Ban

凄く便利なプラグインです。
シンプルで設定も簡単!(←一部の機能しか使ってませんがw)

どんなプラグインかと言いますと、不正アクセスやハッキングなどを目的としてアクセスしてくる良くない訪問者のIPを入力するだけでブロックしてくれるんです。アクセスしてくるとページ自体表示させないようにしてくれます。
私の場合、良くない訪問者はこれまたプラグインのBetter WP Securityのログ表示で見つけています。Better WP Securityの設定方法はこちらからどうぞ!

余談:ここ数日のあたふたは、GooglebotのIPをブロックしてしまい、いろいろ解除などをした結果、Fetch as Googleでインデックスを復活させたことなどがあるんです(> <;) このWP-BanでGooglebotをアクセス禁止にしないようにしてくださいね(笑)

WP-Banの設定

設定というほどのものでもないのですが、一応書きます。

1. プラグイン > 新規追加 から「WP-Ban」を検索
2. いますぐインストールクリックするなどして、インストール
3. プラグインを有効化
4. 日本語化するなら(こちらにアクセスしファイルをダウンロードし、プラグインのWP-Banフォルダにwp-ban-ja.moをアップロード)
5. 設定 > Banにアクセスし、Banned IPsにアクセス禁止したいIPアドレスを入力すればOK

他に、IPの範囲を設定できたり、ホストネームを設定してブロクしたり、リファラーを指定してブロックしたりできます。
また、特定のIPだけは許可しておきたいなどの設定もでき、アクセスの可・不可を自由に設定できます。

私の場合、Banned IPsにアクセスをブロックしたいIPを入力するだけの使い方ですが、十分に不正アクセスブロックしてくれているんで、大助かりです。
まあ、Googlebotをブロックしてたのは大恥なんですが…大汗;

まとめ

WordPressに限らず、不正なアクセスは常に起こっています。
管理者の落ち度がないのに、悪意あるアクセスでハッキングされてしまい、ページを見ている人に多大な被害を与えてしまう可能性もゼロではありません。
そんなことにならないためにも、自身でできる防御は日頃から行っておく必要があります。

wordpressの場合は、Wp-Banのようにプラグインの簡単設定で防御できますので、是非、インストールして対策してください。
そして、あなたのWordpressを守り、安心快適なブロガーライフをお楽しみください!!
過度にIPをブロックする際は、検索エンジンのBotまでブロックされないように、くれぐれもお気をつけ下さいw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です