GooglebotのIPをBanしてた(汗;)

ipban_googleimg

実は、先ほど気づいたのですが、このブログ、プラグインのアクセス制限をする機能で、Googleのbotを禁止ユーザーとして登録していました(大汗;)

恥ずかしながら、ことの経緯をば…

WordPressへのハッキング行為が続く中、このブログでもアカウント名を変更し、プラグインを入れて、アカウントのセキュリティを強化させたり、さらにもっとセキュリティをアップさせたりしてきました。

すると、導入したプラグインで、このブログもハッキングの対象としてアタックされており、短時間で何度も何度もアクセスしてくるIPがずらーりと表示されました。

これではいかん!
と思い、過度なアクセスを行ってくるIPアドレスをアクセスできないようにする機能が、Better WP Securityというプラグインにあったことを思い出し、早速設定!
が、設定途中の重要ファイルへの書き込みを許可すると、管理画面に入れなくなるという状況に陥り、どうにも出来ない状況に。うむむむむむ….

そこで調べて見つけたのが、WP-Banというプラグインです。
プラグインをインストールして、有効にするだけでOK!
さらに、重要ファイルへの書き込み(.htaccessなど)の設定などなく、アクセスを禁止したいIPアドレスを入力して保存するだけで、ばっちりアクセスをはじいてくれます。

ああ〜、これで良かった。
と思い、この件はほぼ頭から抜け落ちてしまいましたw

で、先日、ふとアクセス解析を見ていると、先週末頃からアクセスが右肩下がりに落ちてきているではありませんか!
「もっと良い記事を書かねば…」などと思いながら、クオリティはともかくとして、できるだけ更新は続けてきてたんです。
でも、アクセスは下がる一方。

ipban_analytics

だめだ…
と落胆する中、なんとなくこのブログをGoogleで検索すると…

検索結果のスニペットの部分に見慣れぬ文字が。

You Are Banned.

うわぁ〜!!
この文字は、アクセス禁止したユーザに表示される文字ではないですか!!
なんと、Googlebot(Googleがページのコンテンツをインデックスするために動かしているプログラムみたいなもの)を禁止ユーザにしてる!

Googleでもban!
ipban_google

Yahoo!でも当然ban!
ipban_yahoo

あか〜ん!
とか言うてる場合じゃなく、すぐに、GooglebotがどのIPアドレスでアクセスしてきているか調べました。
すると、ここにもお落とし穴が…

調べても調べても具体的には出てこず、最終的にこのページを発見。

Googlebot の確認 – ウェブマスター ツール ヘルプ
https://support.google.com/webmasters/answer/80553

ページの下の方に、

Google では、ウェブマスター向けホワイトリストの IP アドレスの公開リストを掲載していません。これは IP アドレス範囲が変更する可能性があるからで、アドレスを直接入力したウェブマスターにとって問題が生じるからです。

と書かれてますやん。

がーん!
IPアドレス公開していません。
   &
IPアドレスの範囲が変更する可能性がある

どうしようもないですやん!
仕方がないので、ひとまず、IPアドレスの場所がアメリカのものをIPアドレスを調べるツール「IP-address.com – IP Tracer and IP Locator.」でチェックして、全部解放することにしました。
と、今現在この状況です。

これで、アクセスが戻るのかどうかわかりませんが、様子を見てさらに対応していきたいと思います。

つづく

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">