Google Analyticsの簡単設定でアクセスしてきたページを知る!

ga_referrer

これは、便利です。
Google Analytics(アクセス解析)をお使いなら、簡単設定で完全なリファラーを知る(自社ホームページにどこからアクセスしてきたかがわかる)設定です。

Google Analyticsの神、カグアさんで書かれていた設定方法です。

Googleアナリティクス、たった2クリックで完全なリファラを知る方法 | カグア!Googleアナリティクス解説Blog
http://www.kagua.biz/help/secondery-no-kakucho.html

さらにいろんな情報が掲載されてますので、ご覧なってください。

Google Analyticsの設定

さて、簡単設定行きます〜!

1. Google Analyticsにログイン。
2. トラフィック > 参照元 > すべてのトラフィック へ移動。
3. 上部にある「カスタマイズ」をクリック

ga_referrer1

4. 何も触らずに、最下段に移動し「保存」をクリック。

ga_referrer2

5. 中段にある「セカンダリディメンション」をクリック。

ga_referrer3

6. コンテンツ > 完全なリファラー をクリック。

以上で、完全なリファラー(どのページからアクセスしてきたか)が表示されます。

ga_referrer4

表示されたデータに次回から1発アクセスできるように、ショートカットに追加しておきましょう〜!

まとめ

ちょっとややこしく思うかもしれませんが、上記のまま設定して頂ければ、完全なリファラーがバッチリ表示されます!(されました?)

画像は始めたばかりのこのブログのデータなのでFacebookが多いですが、長く運営されていれば、検索エンジン結果ページや業界ポータルのページ等からアクセスされているのがわかるようになります。
そうなると、どこからどんなリンクをクリックしてアクセスしてやってきたのかが見えてきて、何となく理解していたユーザー像をより身近に想定できるようになりますよ!

Google Analyticsを使用されている方は是非、設定してみてください!!

昨日のエクセルを使った複合キーワード生成ツールと2日続けて、備忘録記事でスミマセン (> <;)