エクセルで簡単に複合キーワードが作れるツール!

complex_keytool

複合キーワードの組み合わせを簡単に作れるエクセルが紹介されていたんで、備忘録として記事にします。
エクセルを使った複合キーワード生成ツールです!

昨日、複合キーワードを使って質の高いユーザーを集客しようと記事に書きました。
今回はその複合キーワードの組み合わせを簡単に作ってくれるエクセル数式を紹介します。
どちらかと言うと、検索連動型web広告(Yahooプロモーション広告やGoogle Adwords)を出されている方向けの記事かもしれませんが、知っておいて損はないと思いますので、是非チェックしてください。

3つ以上の複合キーワードを簡単に作成する方法 | グーグル アドワーズ ラボ
http://google-adwords-lab.siempre.co.jp/2013/03/keyword-generator/

上記を読んでもらえればわかると思いますが、手順書いてみます。

手順

まず、エクセルを新規で開けて頂いて、

1. A列に第一キーワードグループをひとまずづつに入力。
2. B列に第二キーワードグループを同じように入力。
3. C列に第三キーワードグループをこれまた同じように入力。
4. D列の1行目(一番上)に、以下の数式をコピー&ペースト。

=INDIRECT(“A”&ROUNDUP((ROW())/PRODUCT(COUNTA($B$1:$B$98),COUNTA($C$1:$C$98)),0))&” “&INDIRECT(“B”&MOD(ROUNDUP((ROW())/COUNTA($C$1:$C$98),0)-1,COUNTA($B$1:$B$98))+1)&” “&INDIRECT(“C”&MOD(ROUNDUP((ROW()),0)-1,COUNTA($C$1:$C$98))+1)

5. D列の一マス目のフィルハンドルを下にドラッグしていくとどんどんキーワード組み合わせが表示されます。

複合キーワードが何組表示されるかは、A列、B列、C列で入力したキーワード数で変わるので、かけ算して計算してください。
その個数分、D列をドラッグする必要があります。

重要ポイント

キーワードの組み合わせを簡単に出してくれるシートなんですが、重要なポイントは、、A列、B列、C列で入力するそれぞれのキーワードグループの分け方です。

昨日の記事のキーワード「ホームページ制作 大阪 キレイ」で考えてみます。

ホームページ制作 + 大阪 + キレイ
 サービス内容 + 地域 + 補完語
  A列   +  B列  +  C列

です。
ここをきちっと分けて、グループ化してA列、B列、C列に入れないと上手な組み合わせになりません。

なぜなら、仮にB列にも、C列にも地域が入っていた場合、「ホームページ制作 大阪 京都」みたいになってしまいます。絞り込んでいる検索にはならないですよね。B列は地域としていますが、これは例えであってこの部分も補完語として考えてください。

まとめ

複合キーワードを簡単に生成するエクセツールですが、そもそものキーワード選定、グループ化が大事です。ここを間違うと、集客時に大きな差が出てきますので、気をつけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です