本格的にやってきたスマホファーストへ対応するために

sp-fast

先日、Facebookで目にしたニュースで、ずいぶん前にGoogleが言っていたスマホファースト時代がやって来たと実感しました。

スマホのみで検索するユーザーが増加

その内容はスマホのみを使って検索しているユーザーがどんどん増えており、さらに、スマホのみで検索されるキーワードも増えていっているというものです。

スマホのみ利用が1.6倍、スマホのみ検索キーワードが7倍、ヤフーの調査にみる検索市場の将来
http://web-tan.forum.impressrd.jp/yahooads/2015/01/27/19061

このデータは、2013年と2014年を比較したデータです。
去年と一昨年という過去のデータです。
今は2015年。
データを収集した時点から少ししか経っていませんが、この傾向はさらに進んでいっているでしょう。

前の記事でGoogleのローカル検索精度がアップして、ローカルSEOでの二極化が進むのではないかと書きました。
「スマホユーザーが検索し易いようにGoogleが検索精度をアップさせてきているので、それにwebサイトが最適化すべき」という内容を書いたものです。これからはwebサイトをスマートフォンに最適化させていなければ、ユーザーを集客する大きな道を閉ざしてしまうことになると思います。

スマホで見られることとスマホ最適化は違う

sp-fast02

実際にスマートフォンで見られるwebサイトは多くなってきていますが、スマートフォンに最適化させるというのが非常に重要で、スマートフォンで見られるページを持っているだけでは最適化しているとは言えないということです。
特にPC向けのページとスマホ向けのページを別で運用しているサイトの場合は注意が必要です。
webサイト全ページがスマホ化されていることはもちろんのこと、それぞれのページが正しくリダイレクト(転送)設定されているか、リダイレクト(転送)された後でもスマホでPCサイトを見に行けるリンクがあり見ることができるか、canonical・alternateが正しく設定されているか等々、いろんな設定が正しく行われている必要があります。
こういった最適化が行われていない場合、スマホ検索での順位が下がってしまう可能性があります。

スマートフォン向け検索でのランキングの変更について
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2013/06/changes-in-rankings-of-smartphone.html

このアナウンスが行われたのが1年以上前。
そして、最近になってウェブマスターツールでスマホートフォン表示でのユーザビリティ(使いやすさ)に問題を検出したサイトに対してメッセージを送り始めています。

さらに、こんな対応も開始しました。

検索ユーザーがモバイル フレンドリー ページを見つけやすくするために
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2014/11/helping-users-find-mobile-friendly-pages.html

スマホで検索すると結果ページのURLの下に、スマートフォンに最適化されているサイトには「スマホ対応」の文字が表示されるようになっています。

数年単位で取り組むGoogleのスマホファーストへの本気度

sp-fast03

Googleのスマホファーストは数年前に提唱されており、一般のサイトがwebサイトをリニューアルして進めていくことのできるスピードで次の情報を、その次の情報を出していっており、個々のwebサイトがスマホ化に対応していけるよう順を追って時間をおいて、Googleが情報発信しているように感じます。
ある日突然、スマホ対応できているサイトのみ優遇するとなると、ほとんどのwebサイトが対応できませんでしょうから。
こういったネット全体が取り組んでいけるスピードでスマホ化へと進めていくあたり、Googleのスマホファーストへの本気度がうかがえるところなんじゃないかと感じています。
そう遠くないタイミングで、スマホ対応していないwebサイト、間違った設定のスマホ対応をしているwebサイトと、きちんとスマホ最適化しているwebサイトとの区別がはっきりと付けられるんじゃないかと思います。

そんな大スマホ時代が到来する前(もう来てますが…)に、全ページスマホ化し、正しく設定、最適化しておくことが重要です。そして、ウェブマスターツールのモバイル ユーザビリティやFetch as Googleでチェックして、問題箇所を修正しておく。できれば、ここまで対応しておきたいところです。

まとめ

これからのデジタルから来店へつなげるためには、スマホサイトを上手に運用していくことが必要不可欠です。
そのために、見易く表示されていることはもちろんのこと、正しい設定と検索エンジンが出してくる情報に対応していかなければなりません。
業者に任せたからOK!というのは後々大変なことになってしまうかもしれません。
大切なweb上のあなたのお店を、事情を全く把握していない他人任せで良いはずがありませんよね。
自らで調べられることもできますので、ウェブマスターツールなどを活用して、きちんと把握しておきましょう。