もう一度言うけど、やっぱり自社メディアを持つべき時が来た

ownmedia2

Googleのスパム成敗が進む中、nofollow属性のリンクが増えています。
ずるい手が通用しなくなるので、さらに加速して進めていって欲しいものです。

まず、nofollowのリンクとは何か

nofollowリンクとは、Googleが外部リンクとして評価してくれないリンクを指します。
HTMLのリンクタグに rel=”nofollow” がついているものがそれになります。

SEOでリンクに関しての簡単な経緯

ずっと以前は、自分のサイトに外部からどれだけリンクが張られているかで上位に押し上げてくれる効果があったのですが、それが今ではかなり薄れつつあります。

どんなサイト・ブログからリンクが張られているのか、リンク元はコンテンツのボリュームが豊富か、テーマが似通っているかなどなど、リンク自体の質も評価されるようになっていたり、リンクされるキーワードがどんな文字列でリンクされているかなども評価対象となり、あまりに偏りがあるもの、人為的なものは逆に評価を落とすようになりました。
それに加えて、このごろ進められているGoogleが上位表示への評価を行わないnofollowリンクです。

最近の動向

まず、有料ディレクトリでリンクにnofollowがつくようになりました。
こうなるとなんのための有料ディレクトリなのか意味なしですな。
次に、プレスリリースサイトでもリリース内に記述されているリンクには自動的にnofollowが付与されていってます。(まだnofollowが付与されないサイトもあり)
続いて、無料ブログでのリンクにnofollowが自動的につくようになった。
ヤプログは全てのリンクにnofollowがつくようになってます。で、今回はアメブロのブックマークに導入されたみたいです。
今のところ、本文内からリンクする場合はnofollowがつかないみたいですが、いずれ全てのリンクにnofollowがつくでしょう。
私自身、無料ブログからのリンクは全てにnofollowが入る方が良いと思うんですね。
なぜなら、古くからこつこつブログを更新している方が自社サイトにブックマークからリンクしている場合、それが過剰SEOだとGoogleから評価されてしまい、ペナルティを与えられていることがあるからです。1サイトから1サイトの一カ所に大量のリンクを張ると過剰SEOと判定されてしまう可能性が高いです。
ちょっと横道にそれました..

ということで、SEOの効果だけを見込んで無料ブログで記事を更新していた人は、早めに独自ドメインでのブログに、もしくはホームページ内のブログに移行された方が良いですよ。

自社メディアとして独自ドメインでブログを..

この際だから、スッキリ独自ドメインでブログを初めてはいかがですかっと!
そして、ブログを自社メディアとして育てていかれたはどうでしょうか!!

もちろん、独自ドメインブログだけじゃなく、既存の自社ホームページ内に導入されてもOKです。
独自ドメインで、日々情報発信を行っていくと、ユーザーがダイレクトに自社ホームページ・自社ブログへアクセスしてくれて、そこから自社サービスを紹介しているページやお問合せにもホームページが変った!感なくスムーズに誘導してくれるようになります。
少し前にSNSを活用した自社メディアを持つべき3つの理由なども書いていますので、良かったらあわせて読んでみて下さい。

今までだったら、一生懸命更新しても無料ブログに集客しているだけで、自社ホームページへの集客にどれほど効果を上げていたかわかりませんよね。自社ホームページに来てもらうために、一度アメブロを経由する分、かなりアクセスを損していること間違いありません。

まとめ

ブログを更新されているのは何のためでしょうか?
ブログのアクセス数をあげるため?
ブログポータルの活性化に寄与するため?

そうじゃないですよね。
ネットから集客するためですよね。(←そーじゃない場合もあります。はい。)
でしたら、無料ブログポータルに集客するために一生懸命記事を更新するのではなく、自社ホームページに集客するために一生懸命記事を書きませんか!!
nofollowタグの導入が広がりつつある今が乗り換え時かと思います。
一度、検討されてみてはいかがですか??
ご相談はいつでもお気軽にどうぞ!

あと、nofollowタグの導入されても、無料ブログで記事を更新していくことに全くメリットが無いかと言えばそうでもありません。
長い間、日々ブログを更新されてきているのであれば、SEO面以外にもブランディングやファンとのコミュニケーションなど別の効果がたくさんあります。

私が知っている方のアメブロはセール前に告知記事をアップすると恐ろしいほどのアクセスを運んできます。すでにたくさんのファンがついていてこの方のブランディングもある程度確立されてきており、その結果、リアルにアクセスを送ることに成功されています。
これはもはや無料ブログの自社メディアです。
これはこれでOKだと思います。
というか大成功ですね。