自社メディアを持つべき3つの理由

ownmediaimg

自社メディアと言うと、大きなサイトやポータルサイトを想像してしまいがちですが、そうではなくて自社で運営する情報を発信できるサイトを私はそう呼んでいます。
平たく言うと、ブログであり、Facebookページのことです。

自社メディアとは

前述の通り、ブログやFacebookページがそうであり、twitter、アメーバブログなんかもうまく使いこなしていけば、それにあたると思います。
業界全般で通用する情報ポータルやサテライトサイトなども、もちろんそれにあたりますが、構築面・運営面でかなりのコスト・時間などが必要になってきますので、今回は省きます。

今や、集客の方法は多岐に渡っており、従来通り、ホームページで訪問してくれる人をひたすら待つだけの集客はその姿勢がとても受け身で、やや今に合っていないというかアピール度が足りないというか、効率が悪く、SEOなどの面でも劣ってしまっています。
自社のメディアを持って、あなたなりの様々な使い方を実践し、待つだけではない集客の入り口も増やしてみてはいかがでしょうか?

理由その1:攻めの集客のために

攻めの集客などと言うと、ちょっと大げさかもしれませんが内容は簡単。
自らの情報を積極的に出し、さらに見つけてもらいやすくするということです。
イベント開催情報、イベント結果、新商品情報、展示会開催、お客様の声、制作実績、新サービス開始などなど、自社サービスに沿ったものなら、すべてが発信すべき情報です。

従来のホームページでお問合せを待っているだけの集客から、自らが前に進んで情報を発信し問合せを使役させる。
自らのタイミングで的確に情報発信できる自社メディアで日々どんどんと情報を出す。
待ち+攻めの相反する作業を同時に実践し、見込み客へのアプローチを増やし、ホームページに来てもらい問い合わせしてもらう。

これからの集客のための必勝形態です!

理由その2:人通りの多いところでチラシを撒くために

あなたがチラシを撒くとしたら、どこで撒きますか?
人通りの多いところで撒きますよね。
それも、見込み客であろう人を選んで。

そうなんです。
自社メディアを持つと、SNSやブログポータルなど、人が多いところにあなたの情報を発信することができます。常時たくさんの人が見ている場所に、見込み客に響く記事・情報を書いてどんどん出せます。(出し過ぎ注意…)
さらに、いいね!してくれていたり、ブログの読者になってくれていたりと、情報発信と同時にファンを募っていくことも可能なんです。

ただですね。
始めてすぐにその効果は得られません。
振り向いてもらえません。

日々、こつこつと情報発信し、コメントのやりとりなどコミュニケーションを重ねていった結果で得られるものです。
あきらめず続けていくと、少しのビラ撒きで大きな反響が得られるようになってきます。(←私も全然まだまだですがw)

理由その3:ブランディング効果を得るために

「これってあの人に聞いたら、わかるんじゃないかなぁ…」と思わせる。
そんなことも自社メディアで情報発信し続けていくと可能になってきます。
ブランディグという言い方だと、ちょっとニュアンスが違うかもしれませんが、会社やあなた自身をその業界で最も身近なプロだと認識してもらえるようになることを狙います。

このイメージがまわりに出てくると、見ている人、ファンになってくれている人が相談してくるかもしれません。さらに、困っている友人を紹介してくれるかもしれません。
だって、身近に相談できるプロだからです。

まとめ

自社メディアを持つと、これが無料で出来ます!
すぐに効果が出るものではありませんが、続けていけば必ず効果は出てきます。
あなたは、すでにFacebookページやブログなどは運営されていると思うので、それを少し活性化&ブラッシュアップさせていくだけでOKです。
いつ始めますか?




今でしょw

お客さんは待ってます。
やらないともったいないですよ。
と自分に言い聞かせてます(笑)

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">