画像をキレイなままサイズを圧縮できるアプリ ImageOptim

imageoptim_headimg

先日来、ページの表示速度の改善に取り組んでおりますが、画像のファイルサイズを圧縮するのもページ表示速度の回線にはかなり有効です。
今日は、Mac用のアプリケーションですが、私がいつも使っている ImageOptim というMac用アプリケーションを紹介します。

ImageOptim

imageoptimimg

ImageOptim
http://imageoptim.com

ソフトのダウンロードは上記リンクをクリックして、ページ右側にある緑色のDownloadをクリックしてMacにインストールすればOKです!
あ、このアプリケーション無料です。

使い方

英語のアプリなんですが、使い方が簡単なので私でも大丈夫でしたw

1. imageoptimを立ち上げる。

imageoptim1

2. imageoptimの窓の中にファイルサイズを圧縮したい画像を放り込む(ドラッグする)
この時、ファイル数は複数でもOK!

imageoptim2

3. 左のアイコンが緑色になれば、圧縮完了!

imageoptim3

簡単ですよね。
簡単作業の割には、ファイルサイズが圧縮されて、画像はきれいなままなんです。
上の画像の一番上のファイルなんか50%も圧縮されました!

キレイなままファイルサイズを圧縮できるのは…

画像がキレイなままファイルサイズを減らせる訳は、画像のEXIF(Exchangeable Image File Format)データなどの余分なメタデータを取り除いてファイルサイズを軽くするからなんです。
Exifデータには、撮影したカメラのメーカ名、機種、バージョン、各種モード、設定の情報などが入っています。これを取り除くことでファイルサイズを圧縮するんです。
なので、見た目部分の劣化がなくサイズを圧縮できるんです。

まとめ

投稿する際に、圧縮していかなければなりませんが、ページを早く表示させるのに、かなり有効な手段だと思います。
実際、ページのスピードを計るツールを使ってみるとこのツールで画像ファイルを圧縮しているページとそうでないページでは、遅延の原因になっているゲージが大きく違っています。

少しのことかもしれませんが、それを積み重ねて、ページに訪れる方が見やすくなれば良いなと思っています!
Macユーザーの方は、是非一度、お試しあれ〜!