BASEテーマ「スターターパック」トップページの機能解説図

BASEテーマ「スターターパック」トップページの機能について

先月末からこのブログで 対応Appsや色バリエーションについて続けざまにご案内している初心者向けBASEテーマ「スターターパック」ですが、今回はトップページの機能についてご案内します。

トップページの機能

「スターターパック」のトップページは以下のような構成になっています。

BASEテーマ「スターターパック」トップページの機能解説図

上から、

  • 画像スライド
  • INFORMATION
  • ピックアップ
  • おすすめ
  • 商品一覧

それぞれのエリアは管理画面から情報を入力するだけで、簡単に作っていくことができます。

画像スライド

画像スライドの設定解説図


スライドに表示させたい画像を、管理画面からスマホ用(正方形画像:横1280pixel×縦1280pixel)とPC用(横長画像:横1600pixel×縦1200pixel)を設定していきます。必要に応じて、それぞれの画像にリンクを設定することができます。なので、単なるイメージのスライドとしてでなく、アクセスしてきたユーザーを誘導する機能を付加することができます。
あとは必要枚数を設定した後、スライド表示をONにすれば完了です。

INFORMATION

INFORMATIONの設定解説図


管理画面から日付とお知らせ文章を入力して、INFORMATION表示をONにするだけです。
こちらもそれぞれの説明文章にリンクを設定できるので、スライド同様にユーザーを誘導する機能を持たすことができます。

ピックアップ

ピックアップの設定解説図

特に目立たせたいコンテンツを1つだけを表示させるために使ってください。
イチオシの商品だったり、イベントだったり、SALE商品だったり…
タイトルと画像、価格や説明文書、そしてリンクを貼ることができますので、あらゆるコンテンツの訴求に適した場所と言えます。
うまく活用すれば、アクセスしてくるユーザにかなりの訴求力を与える場所になります。

おすすめ

おすすめの設定解説図

おすすめもピックアップと同様に目立たせたいコンテンツを表示する場所です。ただし、一つではなく、3つまで表示可能です。
バナーと短い説明文章をが表示されて、リンクも貼れますので、こちらもうまく活用することで、ユーザーに見せたいコンテンツを訴求することができます。
設定は、管理画面でタイトル、画像、説明文章、リンク先を入力し、おすすめ表示をONにするだけです。

商品一覧

商品一覧は、管理画面で登録された商品が一覧で表示されます。
こちらは特に設定は必要ありません。
「PRODUCTS」のタイトルの下にカテゴリが自動的に表示されて、カテゴリ名をクリックするとカテゴリ別の商品一覧ページに移動します。
デモショップで見てみる

まとめ

通常ならば、デザインされたレイアウトにコンテンツを表示していくには、HTMLとCSSという知識と技術が必要になります。しかし、BASEの管理画面から必要事項を入力するだけで、特に難易度の高い技術を必要とせず、トップページを作り上げていくことが可能です。
さらに、必要であれば、前回にご紹介したAppsを追加して、さらにコンテンツの充実を図ることも可能です。

BASEは、簡単にネットショップを作り上げていくことにたけています。さらに、管理画面から簡単に設定するだけでトップページが作られていくBASEテーマ「スターターパック」をご利用いただくことで、初心者でも簡単に一定クオリティ以上のネットショップを構築することができます。

これからデジタルのビジネスに挑戦しよう、ネットショップを構築しようと思っておられる方は、是非一度当社のBASEテーマ「スターターパック」のご活用をご検討ください。

● BASEテーマ「スターターパック」
https://design.thebase.com/detail/106

● デモショップ
https://easy.thebase.in/

● 説明ページ
https://www.ryu-raku.co.jp/basetheme/starte