キーワードアドバイスツールの使い方

google_keyword_tool

昨日は私が使っているキーワードツールを紹介しましたが、個別に使い方を記事にしていこうと思います。
今日はGoogleのキーワードツールの使い方です。

キーワードアドバイスツールの使い方

1. まずは、以下URLにアクセスして下さい。

キーワード ツール – Google AdWords
http://adwords.google.com/o/KeywordTool

ページが表示されるまで、若干、読み込み画面が表示されますが、こんな画面が表示されます。

google_keyword_advicetool

2. 調べたいキーワードを入力

調べたいキーワードを単語またはフレーズの部分に入力し、セキュリティコードを入れて、「検索」をクリック!

google_keyword_advicetool2

すると、入力画面の下に、結果が表示されます。

google_keyword_advicetool3

調べたキーワードだけじゃなく、関連するキーワード候補も一覧で表示されます。
そして、それぞれの項目でそのキーワードの状況が評価されます。

競合性 → 高 だとライバル多し、低 だとライバル少ない
グローバル月間検索ボリューム → すべての場所、環境での月間検索数
ローカル月間検索ボリューム → 場所、言語、PC・スマホなどのデバイスの種類を選択した場合の月間検索数

以上が、基本的な使い方です。

他にも、キーワードを入力する部分の下にある「ウェブサイト」に、調査したいホームページのアドレスだけを入力して検索することも出来ますし、「カテゴリ」を選んで検索する方法もあります。
また、PCや携帯など検索している端末をオプションで選択して検索し、そのデータを表示することできます。

「ウェブサイト」での検索は、ライバルサイトがどんなキーワードで検索されているのか、そのキーワードがどのぐらい集客力のあるキーワードなのかがおおよそ把握できますので、ライバルとするホームページをチェックする際に利用されると良いと思います。

まとめ

Googleのキーワードツールは、もともとGoogleの広告(Adwords)用のツールです。
どのキーワードで広告を出せば、効果が高いかを調べる際に使用されています。これが、一般でも利用できるように無料公開されています。

自社で集客しようとしているキーワードを感覚的に決めているようでしたら、このキーワードツールを使い、是非、実際にそのキーワードが月間どのぐらい検索されているのか調べてください。
あなたが直感的に思っているキーワードが本当に最も良いキーワードなのか、より検索されている類似したキーワードがないかをチェックし、効率の良いキーワードを選びましょう。
間違ったキーワードを選択すると、ターゲットがズレたり、アクセスが伸びなかったりと、良い結果が獲られませんよ。

また、キーワード選択時も検索回数が多いものが良いですが、その分ライバルも多く、上位に食い込むことができず(もしくは上位に出るまで時間がかかり)、うまく集客できません。
逆に、競合性の低いキーワードを選ぶと検索回数が低かったりします。このあたりは凄く重要で、バランスよくキーワードを選択する必要があります!

考え始めると、選べなくなってくる(←私のことw)ので、集客しようとしている中心のキーワードのいくつかをチェックし、そのキーワードには検索回数の多いもの、ライバルの少ないものなどを織り交ぜておくようにしておけばOKだと思います。

それほど手間がかかることではないので、是非、キーワードアドバイスツールを利用して正しいキーワード選択を行い、どんどん集客してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です