Facebookの投稿をブログに埋め込めるようになった!

fbpost_embedimg
facebookの投稿が、ブログやホームページなど外部サイトに埋め込めるようになったので、早速いろいろな投稿を埋め込んでみました!

投稿を埋め込む手順

facebookを使っている人なら、簡単にできると思いますが、流れを解説します。
凄く簡単です。

1. 投稿の右上の「 ∨ 」をクリックするとメニューが開きます。

fbpost_embed1

2. 開いたメニュー最下段の「埋め込み投稿」をクリック

fbpost_embed2

3. 小窓が開いて、埋め込む投稿がプレビューされており、埋め込むコードが上部に表示されます。

fbpost_embed3

4. コードをコピーして、貼付けたい場所へ、コードをペーストすればOK!

実際に貼付けてみると…

こんな感じです。
タイムラインで表示されてるままですね。
もっと見るをクリックするとちゃんと投稿が展開されます。

いろいろな投稿を貼付けてみる

Facebookの投稿もいろいろあります。
コメントだけとか、写真付きとか、アプリ連携で投稿されたものとか。
それぞれどのように表示されるのか実際にやってみました。
コメントだけの場合は上に貼ってあるので、それは省きます。

写真付きの投稿

写真もバッチリ表示されます。

写真付きの投稿(複数の場合)

写真が複数の場合は、こんな感じで表示されるようです。
もっと多い場合はどうなるんだろう…

チェックイン

チェックインの投稿も表示できました!

外部URL引用

このブログの前の記事です。
ちゃんと表示されますね。
リンクもOK。
クリックすると新しいタブ(別窓)で表示されます。

アプリ連携(foursquare)

foursquareからの投稿も埋め込みできました。
左下にFoursquareの文字が入ってます。

アプリ連携(Instagram)

Instagramからの投稿でも、埋め込みできました。
こちらも左下にInstagramって入ってますね。

アプリ連携(Runkeeper)

RunKeeperもOKでした。

他のアプリと連携して投稿されたものでも、埋め込み表示できました。
どのアプリから投稿されたかも、表示されるんですね。

他にも、他人の投稿を埋め込めたり、動画も埋め込んで表示できるようです。
ほぼFacebook内の投稿でできることは表示できそうです。

ただ、この埋め込み機能は共有範囲が公開になっている投稿でないと利用できません。
でもですね。
一度、共有範囲を「友達」で投稿した場合でも、共有範囲を「公開」に変更し、ページを再読み込みすれば、「埋め込み投稿」がメニューに表示され、埋め込むことが出来ましたよ。

まとめ

Facebookの投稿が埋め込めるようになって、今まではFacebook外の情報をFacebook内に投稿する流れがほとんどでしたが、Facebook内部から外部へも投稿が広がり、双方向での情報の流れも起こってくるんじゃないかと思います。有名な方や有名なfacebookページの投稿がどんどん埋め込みで引用されていき、さらに広がりを見せていくんでしょうね。
今回の埋め込む機能は画期的ですが、機能よりも、一番重要なのは価値あるコンテンツ(投稿)であるかどうかです。ペラペラな内容だと、誰も埋め込もうと思いませんし…。

あともうひとつ気になるのは、Googleが埋め込まれた投稿をどのように評価するかです。
Facebookページの投稿の場合は、Googleにインデックスされますし、埋め込むコードに中には投稿個別ページへのリンクも含まれてますので、「特に評価はしないよ」とか言いながら、なんらかの評価対象にしてくる気がしますw
このあたりは、しばらくは様子を見ながら、情報収集します。

明日からは、Facebook内で面白い内容が投稿されたら、それを埋め込んでブログ書いたりできまので、ブログネタが無いときなんかは、助かるなあ…
当分はそれで記事書いていこうかなと考えてます(笑)

新しい機能ですが、今日からどんどん情報を埋め込んでいって、価値ある情報を共有しまくっていきましょう!!