Pinterestのアクセス解析

pinterest_analytics

あなたはPinterestを使ってますか!?
ハマる人はかなりやり込まれていると思いますが、そうではない人は全く…..ですよね。
でも、実際のところ、どのぐらい見られてるんだろうと思っているあなた!
アクセス解析機能があるのをご存知でしたか?
今回は、私のアクセス解析をお見せします。

少し前に、このブログを私のPinterestアカウントに連結させて、ビジネスアカウントへ移行してみました。
そこで、アクセス解析も使えるようになり、ほんのちょっとだけグラフが動いていたwので、今日はそれをお見せします。
全く大した数値じゃないので、そのあたりはツッコミ無しでそっとしておいてください(笑)

Pinterest Web Analyticsを見てみる

まずは、Pinterest Web Analytics(ピンタレストのアクセス解析)のページへ移動します。

pinterest_analytics1

右上にある自分のアカウント名が表示されているところにマウスを重ねる。
するとメニューが展開されますので、「Analytics」をクリックしてください。
とこんな感じ。

pinterest_analytics2

ちょっとだけグラフ動いているでしょ。
ほんとちょっとだけですけど(笑)

では、個別になんのグラフ化見ていきます。

PinsとPinners

一番上に表示されているグラフが「Pins」と「Pinners」になります。

pinterest_analytics3

これはこのブログから画像がPinされた回数をグラフにしています。
Pinsがピンされた数で、Pinnersがピンした人数です。
グラフが動いてますが、すべて私がPinしたものです ミ(;ノ_ _)ノ=3

RepinsとRepinners

次のグラフは「Repins」と「Repinners」

pinterest_analytics4

文字通り、RepinsはRepinされた回数を、RepinnersはRepinした人数を表しています。
このグラフは、このブログからPinされた画像がRepinされた回数を表していますが、見事に全部ゼロですね。
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン
人気なさ過ぎw

ImpressionsとReach

その次のグラフは「Impressions」と「Reach」
こちらは、このブログでPinされた画像がボード上やメインフィード、検索結果で表示された回数がグラフ化されています。

pinterest_analytics5

Impressionsは、Pinされた画像の表示回数で、ReachはPinされた画像を見た人の数だそうです。
3/28に71回表示されてますねぇ。
ちょっとだけグラフ化されてる意味があったかなw
ただ、見られてるの4回だけですけど (´・з・)チェッ

ClicksとVisitors

最後のグラフは「Clicks」と「Visitors」です。
これが一番大事ですよね。
Pinterestからどれだけ集客できているかってところですから。

pinterest_analytics6

Clicksは、Pinされた画像が何回クリックされたか、Visitorsは何人このブログにやってきたかです。
えーっと…..3/28に1人だけ?それとも0人…
(_ _|||) …

まとめ

ほぼ自虐ネタのような記事になってしまいましたが、Pinterestのアクセス解析を出してみました。
このブログ程度では、Pinterestからの集客を増やしていくなら、もっと数をこなしていかないとダメでしょうね。
でも、いいんです。
ちょっとでもPinされるのであれば、Pinterestからリンクが張られますので、微々々々々たるSEO効果が見込めます。ながーくゆくーりこつこつこれを積み重ねていきます。

もし、あなたが持っている写真がクオリティの高いものだったり、写っているモノ自体が魅力的なものでしたら、このブログなどの比ではないと思いますよ。いいものであれば、選ばれ(クリックされ)ます。

カメラマンさんやネットショップされている方、自社の施設や商品の写真が美しいのなら、少なからずアクセスあると思いますので、是非やってみるべきだと思います。

兎にも角にも、まずは写真の腕を磨かねば…

2 comments

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">