Twitter Cardsを設定してタイムラインで目立とう!

twittercards

twitterで、つぶやきのところに「概要を表示」というのが出ているのを見られたことがありますか!?
クリックすると、投稿した記事のタイトル、概要文章、画像が表示されます。
通常のつぶやきより訴求力ありますよね!
それは、Twitter Cardsと呼ばれる新機能。

それをこのブログ(wordpress)で設定してみました!

Twitter Cardsとは

2012年6月よりリリースされた新しいつぶやきの表示方法で、ブログの記事タイトル(リンク付き)、概要文章、投稿記事内の画像が表示されるというものです。

通常の文字とページへのアドレスだけの投稿よりも、目立つこと間違いなし!?
なので、このTwitter Cardsはネット集客を考えているあなたには必要不可欠です。

設定開始

このブログはWordpressになので、WordpressにTwitter Cardsを設定する時の説明になります。
ご了承ください。

プラグインをインストール

wordpressの場合、Twitter Cards と名前もそのままやんΣ( ̄ー ̄;) なプラグインがありますので、これをインストールします。

管理画面 > プラグイン > 新規追加 > 「Twitter Cards」で検索 > いますぐインストールをクリック

でインストールして下さい。
このプラグインはあれやこれやの設定が必要ありません。
有効にして頂くだけで、wordpress側の設定完了です。

表示されるか確認

次に念のため、ちゃんと表示されるかチェックできるページがあるので、一応そこで表示をチェックしてみましょう!

Preview your Twitter Card

「Media URL」のところに記事ページのアドレスをhttp://〜から入力し、「Preview Card」のボタンをクリック!
すると、画面が変わることなく、そのページで表示されます。

twittercards1

twitter側での設定

次はtwitter側の設定です。
こちらも英語で書かれてますが、入力するところが限られてますのでサクッと設定できます。
まずは、

Participate in Twitter Cards

アクセスしてください。
twitterにログインしたままであれば、ユーザー名とパスワードの入力は必要ありませんが、ログインしていなければ、ここで認証画面が出ますので、あなたのユーザー名とパスワードを入れてください。

次は情報を入力。
まずは、Contact Information のエリア。

twittercards2

Name → 名前を入力(私の場合はすでに入力された状態でした)
Email → メールアドレスを入力(こちらもすでに入力されたました)
Twitter Username → twitterのアカウント名を入力(こちらもすでに入力されてたと思います)

次に、Website Informationのエリア。

twittercards3

Website domain → ドメインを入力(http とか www 入れない)
Website description → サイト・ブログの概要を入力
Twitter Username associated with that domain → twitterのアカウントを入力
Example Summary Card URL → 任意の記事ページのアドレスを入力

Example Photo Card URL と Example Player Card URL は入力不要です。

で、最下段のsumitボタンをクリック!
すると、英語の申請完了画面が表示されます。

twittercards4

今、設定の申請をチェックするから、ちょっと待っといてや。終わったらメールするから。
って英語で書かれてます。
たぶんw

これで、承認のメールが届けばOKです。
承認メールは、調べてみると1〜5日ぐらいで届くみたいです。
楽しみに待ちます!

まとめ

Twitter Cardsの設定は、わりと簡単でした。
(wordpressを使っていたお陰ですが…)

一度の手間でtwitterタイムラインで、今までよりも目立つことができるので、twitterアカウントお持ちの方は設定されてみてはいかがでしょうか!

twitterからのアクセスを侮るなかれ〜!!

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">