Googleワンボックスが日本語対応! 会社や店舗の電話番号・営業時間が検索結果に表示される!

google-oneboximg

Googleワンボックスが日本語に対応したようです!
海外ではすでに導入されていましたが、日本語は未対応でした。

つい先日、日本語対応されたようで、

会社名+電話番号
会社名+営業時間
お店+電話番号
お店+営業時間

で検索すると、検索結果の一番上に検索で質問した内容(電話番号や営業時間)が返されるようになっています。

via : 企業・店舗の電話番号と営業時間のGoogleワンボックスが日本でも表示される | 海外SEO情報ブログ

実際に検索してみました。
こんな感じです。

google-onebox

「うちの会社名+電話番号」で検索した結果です。
うちのような会社でも、Googleに電話番号を聞いてみると間違うことなく電話番号が返されました。
営業時間で検索しても、同じように検索した会社・お店の営業時間が返されます。

うちの会社の場合は、Googleマイビジネスに登録している情報がひろわれて表示されているようです。

企業の場合はホームページを検索すれば、それなりの情報を収集できますので、あまり必要ではないかもしれませんが、店舗の場合は早めに設定されておくことをオススメします。

なぜなら、一般ユーザーにこの検索を普通に使いだした場合、

「あそこのお店今から行って予約取れるかな…」

なんて時に、「店名+電話番号」や「店名+営業時間」で検索されることが増えてくるでしょう。
そんな時に検索しても結果ページに電話番号や営業時間が表示されないと、その後のアクション(電話する)行為に繋がらず、集客チャンスを失う事になります。

なので、お店の場合はしっかりバッチリ設定しておきましょう!
設定方法は、うちのようにGoogleマイビジネスに設定しておくか、上級者向けですが、構造化マークアップをサイトに追加(参考:企業: カスタマー サービス番号を Google に対して指定する)してGoogleに伝える設定を行ないましょう。
どちらも一度設定するだけでOKなので、必ず設定することを強くオススメします!!

良くわからない方は、あなたのホームページを管理している制作会社さんに聞くか、弊社でもサポートさせて頂いていますので、こちらからご相談ください。

手間を惜しんで、自らの手で集客チャンスを逃さないようにしてください!

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">