プライバシーを侵害しない検索エンジン DuckDuckGo(ダックダックゴー)

duckduckgo_img

今日、ニュースサイトで初めて知りました。
利用者情報や検索履歴、どんなキーワードで検索したかを一切のデータとして残さない検索エンジンだそうで、アメリカでは人気になりつつあるんだとか。

人気になりつつある理由

今、このダックダックゴーがグーグルの次に来る!?新たな検索エンジンとして、注目されており、アメリカで利用者が増えているようです。

人気になりつつある理由は、ご存知だと思いますが、アメリカ政府によるネット上の個人情報の収集があるようです。
テロ防止が目的だと言われても、情報収集を容認できない人が半分近くもいるようです。(参考:ほんとうに個人のプライバシー侵害がなかったのか―米NSAデータ収集
そんな背景からか、検索行為でプライバシーを保存しない検索エンジンダックダックゴーが人気になりつつあるようです。

DuckDuckGoはこんな検索エンジン

duckduckgo

Search DuckDuckGo
https://duckduckgo.com

見た感じどうですか?
何か、かわいらしい感じしますよね。

英語サイトですが、日本語で検索しても大丈夫です。
日本のサイトの検索結果が出てきます。
ただ、Googleの検索結果より、やや多めに英語サイトが混じって表示されちゃうみたいですね。

どんな検索エンジンかは、Youtubeで説明されてますので、ご覧下さい(01:40)

注目すべき機能!

今までにない機能としては、いくつかあります。

検索結果に次のページがない

ページの下まで行くと、さらに下へと検索結果が表示されていきます。
Wordpressのプラグインでもこんな感じのことができたと思うのですが、これってタブレットやスマホで見ているときは便利なんですよね。
もちろん、PCで見ているときも、次のページに行くために、小さいな数字をクリックするのはややストレスを感じますよね。スムーズに次の検索結果がでるのはうれしいかも…

!マークをつけた検索

これは、今現在にあった検索だなと感じました。

「調べたいキーワード+!+行きたいサイト」

で検索すると、行きたいサイトに調べたいキーワードが入力された検索結果が表示されます。
!bangと呼ぶみたいですね。
これ、本当に便利ですよ!!

言葉で説明されても、わかりづらいと思うので、実際に!マーク付き検索をやってみて下さい。
例えば、調べたいキーワード+!twitter とか、調べたいキーワード+!facebook を入力してみて下さい。
…………..

どうですか?
ダイレクトに行きたいサイトでの検索結果が表示されるのって便利じゃないですか!?
ちなみに、調べたいキーワード+!rakuten で検索すると………!!
楽天には対応もされているみたいですね。

新感覚の検索方法にいろいろ遊んじゃいそうです。

まとめ

日本で大部分の人が使っている検索エンジンは、Yahoo!かGoogleですよね。
バックは両方ともGoogleなんですが、どちらにしても、あなたがいつ何をどんなキーワードで検索されたか記録されていってます。
それによって、あなたの人物像が絞り込まれてます。
あなたがGoogleにどのように認識されているのかを知りたい場合は、下記のリンクを押してみて下さい。

https://www.google.com/settings/u/0/ads/preferences/?hl=ja#general

性別、年齢、言語、興味・関心などといった項目で、かなり絞り込まれて把握されています。
私の場合、性別=男性、年齢=35〜44歳(43歳です)、言語=タイ語、他2個(笑)、興味・関心=ISP、他54個となっていました。
半分以上は当たってますね。

このような機能を検索エンジンは持っています。
これは、個人を特定することが目的ではなく、その人の興味のある分野を特定し、その内容にあった広告を表示させ、クリックさせて収益をあげていくようになっています。Googleだけの収益だけじゃなく、Adwordsなどで広告を出している方の集客を行っているともいえます。

ですが、ここまでの個人の情報が何億人分もあると、アメリカ政府によるネット上の個人情報の収集のようなものがあるんじゃないかって思いますよね。
ちょっと気持ちが悪い?ですかね。
このような背景から、このプライバシーを記録しない検索エンジン ダックダックゴーが人気になりつつあるようです。

あんなことwやこんなことwを検索されるときも、役立つかもしれませんね!
だって履歴が残らないんで。
夜間の利用者数が増えそう(笑)

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">